【福井県と言えば北ノ庄上の戦いと一乗谷の戦いと三国祭りでしょう。】

学び舎とはいかなるものぞ!
TOP PAGE >

一乗谷の戦いとは

一乗谷の戦いとは、戦国時代に織田信長と朝倉義景の間でおこなわれた合戦の1つです。合戦の始まりは室町時代に当時の将軍であった足柄義昭が包囲網を作って信長に対抗しようと策を練り、義昭に仕えていた義景と浅井長政は軍に加わって信長と戦っていましたが、義昭側に付いていた武田信玄が死去するだけではなく義昭自身も京都から追放されることになり、当初から信長側が優勢に立つことで次の戦へと進みます。


月日が経ち、今度は信長側が大軍を率いて小谷城へと攻めに入りますと当主でもある浅井長政は籠城し、朝倉義景も長政の窮地を助けようと小谷城へと向かうものの、信長の戦略によって家臣たちが寝返ってしまったことから、勝ち目のない戦いと判断して義景は撤退し一乗谷城へと逃げ込みます。その道中でもある刀根坂の戦いで包囲網を作っていた信長は、義景を追い詰めようと追討するものの、信長側のタイミングのミスや義景側も奮闘していたことから、義景は一乗谷城へと逃げ込めました。


義景側の武将が亡くなり兵力が少なくなっただけではなく信長が一乗谷の市街地を焼き払ったことで、一乗谷から離れようと義景は朝倉景鏡の手引きにより近くの大野郡へと逃げようとしますが、景鏡の裏切りによって自害されて信長に降伏したことで戦が終わりました。ちなみに、朝倉義景の娘は一向一揆の指導者である顕幸の元に嫁ぎました。朝倉義景死後に、朝倉景鏡は越前を与えられましたが一向一揆がおきて戦死しています。朝倉義景の娘が間接的ではありますが、かたき討ちをしたのかも知れません。

北ノ庄城の戦いとは

北ノ庄城の戦いとは、賤ヶ岳の合戦によって柴田勝家が羽柴秀吉に敗れてしまったものの、本拠地である北ノ庄城まで逃げ込むことによって死は免れていました。賤ヶ岳の合戦で勝家に仕えていた前田利家は敗戦する前に秀吉に臣従したものの、主君でもあった勝家に対して北ノ庄城まで攻めて戦わせることができるのかと、秀吉に対して忠実心があるのかを試すために先鋒隊として乗り込ませます。


秀吉側は北ノ庄城を包囲することに成功し、勝家側に仕えていた武将でもある佐久間盛政や子でもある勝敏をさらし者となったので、勝家は仕えていた兵も数が少なく勝敗が見えてきました。それでも秀吉の攻めに対して勝家側は攻防していたのだが、勝敗が見えてきたことで自分の死も覚悟することになり砲弾を撃つことも止めてしまい、夜になりますと最後の宴として宴会を始めてしまいます。

秀吉も勝家側の攻防がなくなってきた時には夜が更けてきたきたことから、状況を見守りながら翌朝に再び攻める為の準備をします。翌朝に秀吉側が城に火を放つと、覚悟を決めていた勝家と夫人で信長の妹でもあるお市の方は自害しますが、その3人の娘と人質でもあった前田利家の娘は救出することに成功したことで北ノ庄城の戦いが終わりました。

三国祭とは

三国祭とは北陸地方の三大祭の1つで、福井県坂井市にある三國神社にて、毎年5月15日から21日にかけておこなっている神事です。15日から19日までは山車の展示や三國神社周辺地域の方が参拝し、20日になりますと日中祭として神輿2基と神宝持の行列や武者人形山車6基が港町を練り歩きます。

武者人形山車とは、約6.5メートルの山車に武者人形と町内の子供が乗って三味線や笛や太鼓を囃しながら三国駅前まで練り歩き、翌日の21日まで6基の山車が展示します。夜も展示していることから提灯に照らされている山車が昼間とは違い、武者人形の迫力が増しているように感じます。江戸時代中期に三国祭がはじまり、1753年に記した町々山覚によれば1番から10番までの山車が練り歩き、6番の山車に神功皇后の武者人形が作られたので、現在とほとんど同じ形式でおこなっていることが分かります。

この当時は旧暦で4月の申の日におこなわれていましたが、明治時代に入って太陽暦を採用されてからは5月20日に定められたことで現在に至っています。平成28年の三国祭では、6基の山車に弁慶や浅井長政や水戸光圀などの武者人形を乗せて、伝統に沿って奉納するために練り歩き、全国から10数万人の参拝者が三國神社に集まります。

福井県の特産物は?

福井県の特産物は、日本海があることから越前ガニや甘エビ、若狭湾で取れるトラフグなどの海の幸があります。水があり自然豊かなこともあり、コシヒカリも生産している福井米も有名です。米の生産としても有名でありますが、そばの品質も高くて越前そばとしても流通しています。福井県は土地柄夏は暖かいものの冬は雪も降って寒く、昔は流通も盛んではなく食べ物が少なかったこともあり、梅干しやつるし柿や小鯛のささ漬、鯖や鰯などを新鮮な状態のままぬか漬けにして熟成させたへしこなど、日持ちできる特産物もあります。


また福井県のブランド牛でもある若狭牛や越前しゃもをベースにした地鶏もありますし、名水の地でもある大野市で生産した上庄のさといもや三里浜の砂丘にて栽培されている花らっきょ、甘くてビタミンCが豊富に含まれたトマトでもある越のルビーも評価が高いです。この他には品質が高い永平寺胡麻豆腐は、胡極細に挽かれた金胡麻豆腐と白胡麻豆腐に吉野本葛を絡めて仕上げており、滑らかな食感と胡麻の風味でちょっとした贅沢と感じてしまいます。昔からの伝統品よりも自然の物を活かして提供していますので、食材本来の味を堪能することができる特産物が多いです。

これらも学んでください。

ただいまの時刻


これらも学んでください。


福井県の戦国時代の戦いである一乗谷の戦い、北ノ庄城の戦いと三国祭りと特産物を紹介します。

Copyright (C) 2017 学び舎とはいかなるものぞ! All Rights Reserved.

ページの先頭へ