【広島県の魅力】

学び舎とはいかなるものぞ!
TOP PAGE >

広島風お好み焼きとは

広島風お好み焼きは、クレープの様な薄い生地に具材を乗せるのが特徴です。作り方はお好み焼きの生地を作ったあとで、キャベツやネギの野菜を切ったり焼きそばを解すなど具材を用意します。生地は家庭によって使う粉や分量が違いますが、糸が引くようなゆるさになっていればOKです。

ホットプレートかフライパンの上で生地を薄く引いて手早く回しながら伸ばしておき、その上にキャベツなどの野菜と豚バラを生地の上に乗せておき、しばらく焼いたらひっくり返します。その間、横で手早く焼きそばを作って生地と同じサイズに円形に整えてからお好み焼きを上に乗せて、再度横で卵を割り平たくして生地と同じサイズに整ってから上に乗せて、最後にひっくり返すことで完成です。

何度も重ね焼きますので慣れていないと具材がこぼれてしまいますし、飲食店でも広島風のお好み焼きのメニューがあることから、外食しながら覚えることによって自分で作る為のイメージ作りもできます。関西風お好み焼きは、生地と具材を一緒に混ぜて焼くことから作る手順の違いますし、同じお好み焼きでもビジュアルも味も違うことから、食べ比べしながら味わうこともできます。

カープ女子が増えた背景

プロ野球各球団には選手の活躍を応援しているファンがいまして、ホームで試合をする際にはもちろんのことアウェーの球場でも交通手段と時間を掛けて応援してくれますので、選手にとっても頑張る為の活力になります。その中で、2015年くらいに注目されてきたのがカープ女子といわれている広島東洋カープを応援している女性ファンたちで、昔から地元密着の球団でもあることからカープを応援している女性のファンもいましたが、首都圏でおこなっている試合にて何度かマスコミにて取り上げられたことから急激にカープ女子という名の女性ファンが増えていきました。現在の広島東洋カープは他の球団とは異なり親会社を持っていないことから、資金源と選手を程度確保するためには必要以上の努力しなくてはならないのです。



多くのファンを支えてもらうために試行錯誤しながら応援することができる環境づくりや、若手選手の育成にも力を入れて活躍するまでに成長するものの、数年前まではなかなか努力が実らず成績にも波がありリーグ優勝するまでに至らなかったのです。しかし選手の貢献によって勝率を上ますと、球団も女性目線でのグッズ考案やイベントを開催することで、徐々にファンの人数が増えてきました。

原爆ドームとは

原爆ドームは、第二次世界大戦にて広島県に原子爆弾を落とされてほとんどの建物が焼かれた中で、当時広島県立商品陳列所としていた建物が全壊せずに一部残ったことから、後に原子爆弾の惨禍を後世にまで伝えることができるように記念碑として残しています。建物自体は1915年に竣工して同年に完成させた建物で、当時は広島県物産陳列館として日本で初めてのバームクーヘンを製造・販売や全国菓子飴大品評会の会場、後に広島県立商品陳列所と名前を変えて美術展を開催するなど、広島県の文化拠点として使われていました。



第二次世界大戦が始まりますと業務を自粛するようになり、1945年8月6日にアメリカ軍のB-29爆撃機が、広島県にある相性橋を目標にして原子爆弾を投下します。爆弾の衝撃によって爆風や3000度にも達する高温の熱により、建物は破壊されて多くの人々が亡くなりました。広島県立商品陳列所も爆弾の衝撃を受けたことにより本体部分のほとんどは壊れてしまったのだが、建物の構造上によって天井部分を含みレンガや骨組みになっていた鉄骨部分が残りました。戦後は復興を進める中で広島県立商品陳列所の修復または取り壊すとの意見もありましたが、後に永久保存するとの声もあったことで手を加えることがなく、世界遺産の1つとして残しています。

壬生の花田植とは

壬生の花田植とは、毎年6月の第1日曜日におこなわれている広島県の行事の1つです。昔は太鼓や笛を囃して田植唄を歌い、大人数にて田植えをする民俗行事があったことから、現在でも保存活動の一環としておこなっています。平穏と豊穣祈願に田の神を祭る為の稲作儀礼であって、農村地域にて娯楽がなかったことから、地主の中には田植えが終わった後に大勢の人々を集めて囃し田をおこなったのが始まりです。


その時に造花や飾りなどで豪華に着飾った牛と、太鼓や笛を鳴らした音に合わせて着飾った女性たちが田植えをする姿が華やかだったので、後に花田植と呼ばれるようになりました。昔は農業が盛んだった地域も時代と共に人口が減り、一時は花田植をおこなわれていなかったですが、稲作文化の原点でもある花田植を続けたかったことから、地域一体となって毎年続けることにより2011年にはユネスコの無形文化遺産登録に認定することになりました。

現在も地域一体となって着飾った牛や同じ衣装を着た住民たちや神楽団が、壬生商店街から花田植会場までの道のりを練り歩き会場に着きますと太鼓や笛の音に合わせながら、横一列に並んだ女性たちが一斉に田植えをしますので、天気が良い時には華やかな風景として見ることもできます。

これらも学んでください。

ただいまの時刻


これらも学んでください。


広島県のお好み焼きやカープ女子など魅力をお伝えできればと思います。

Copyright (C) 2017 学び舎とはいかなるものぞ! All Rights Reserved.

ページの先頭へ