【鎌倉幕府について考えてみた】

学び舎とはいかなるものぞ!
TOP PAGE >

鎌倉幕府とは

鎌倉幕府とは、源頼朝が鎌倉に開いた日本で初めての武家政権のことを言います。守護・地頭が設置されたとされている1185年から1333年までの約150年間存続しましたが、源氏が頼朝・頼家・実朝の三代で滅んだ後は摂家将軍・親王将軍が立ちます。



しかしその実権は代々執権職を継いでいた北条氏が握っていました。中央に侍所・政所・問注所といった諸機関を設け、全国各地に守護・地頭を置いて封建制国家を確立したことで有名です。正確にこの鎌倉幕府が始まったのは源頼朝が征夷大将軍に任官したとされていましたが、頼朝の権力・統治機構はそれ以前から存続していることから実質的な成立は1192年より前の1185年とする新説が最近によって発表されました。



これは源頼朝は武家政権の成立を明確に宣言したわけではないのが原因です。そのため研究科の間では鎌倉幕府の成立時期について論議を生んだと言います。そのため幕府の成立時期については諸説存在し、鎌倉幕府がその武家政権として体制を整えるための段階を得ていることが原因だと言われています。

平家が滅んだ理由

平家とは平安末期において政権を握った平清盛の一族のことを指します。とても反映した平家なのですが、最終的には平家は滅ぶこととなってしまいます。ではなぜ平家は滅ぶことになってしまったのでしょうか。その理由とはいったい何なのでしょう。



平家は源氏に破れたことによって滅んでしまったとよく言われているんですが、それ以外にも経済事情が関係していたともいわれているのです。基本的に言われていることとしては、源平合戦の際に源義経が平家をやっつけたために、平家が滅ぶこととなったといわれていますよね。だけどそれにしてはあっさり滅んでしまったような印象があります。


最終的には源平合戦にて源氏に破れて滅んだということにはなりますが、それまでに様々なことが重なり合って、最終的に平家が滅ぶにまで至ったということになります。また平清盛の政治のせいであるともいわれています。貴族のような政治を行い、武士たちの利益を顧みなかったために武士に見限られてしまったといわれています。平家一族の繁栄しか考えていなかったことが原因ともされていますね。

鎌倉幕府が北条氏に乗っ取られた理由

頼朝は鎌倉幕府を開きました。それはとても有名なことですよね。ですが鎌倉幕府を開いた後にすぐに北条家に短期間で乗っ取られてしまったともいわれています。まず鎌倉幕府は日本の武家政権です。源家は三代で滅亡して鎌倉政権が安定してからは北条氏が権力を握ることとなりました。


北条氏による摂生政治が行われたのです。鎌倉幕府は最初源頼朝が確率を成し遂げました。ですが突然1199年に死去したのです。そしてその跡を継いだのが源頼家でした。ですがまだ若年であった頼家に政務を任せるのを不安に思った有力者たちは十三人の合議制という、有力御家人が頼家の代わりに裁判や政務の執行を行う政治体制を築くこととなりました。


そしてこの際、この十三人の合議制の中心にいたのが北条氏だったのです。北条時政、義時父子が有力御家人たちを滅ぼしていくこととなりました。そして頼家は重病に落ちいり伊豆の修禅寺へ幽閉、弟である源実朝が将軍位へつきましたが翌年に死亡しました。これは北条氏による手勢によって暗殺されて死亡したのではないかと言われています。

鎌倉幕府が出来た年は諸説があるって本当?

鎌倉幕府は源頼朝が鎌倉に開いた日本最初の武家政権と言われています。


現在は守護・地頭が設置された1185年〜1333年までの約150年間存続としたとされていますが、少し前までは1192年に源頼朝が征夷大将軍に任官したときを始まりとしていました。このように幾つかの諸説が存在するのは実態のないものであるということと、源頼朝自身が鎌倉幕府の始まりを宣言していないことが原因です。そのため、今日に至るまで研究家の間では議論が続けられています。



代表的な所説として挙げられるのはまず朝廷が頼朝の流罪人の身分を正式に取り消したあとに元の官位に戻し、関東地方の武士は頼朝の命令に従うという宣旨を出した1183年、犯罪人となった弟の義経を捕えるために頼朝が後の守護となる追捕使と地頭を全国に置くことを朝廷に認めさせた1185年。そして後白河法皇が死んだことで、頼朝が征夷大将軍に任じられた1192年が挙げられています。

先に触れたとおり、今までは1192年の説が一般的とされてきましたが、現在では1185年に鎌倉幕府が確立したことを認める発表がされました。

これらも学んでください。

ただいまの時刻


これらも学んでください。


鎌倉幕府や平家滅亡や北条氏の執権について考えてみました。

Copyright (C) 2017 学び舎とはいかなるものぞ! All Rights Reserved.

ページの先頭へ